祖母のために埼玉県の看護師求人で仕事を見つけ働いています

私は、埼玉県さいたま市限定の看護師求人で仕事を探しました。私は小学校のころに一週間だけ入院したことがあります。その一週間の間、一緒に入院しているに患者の口から何度白衣の天使という言葉を聞いたことでしょう。女性の多くが憧れる職業だといいますが、私もそのうちの一人で看護師という職業に憧れていました。

当時は看護師さんではなく看護師さんと呼んでいた時代ですが、白衣を着た女性の姿は清潔感があり見ていてとても気持ちがいいものでした。そして、どの患者に対しても優しく接してくれる女性はまさに天使のようで、話しかけてもらえるだけで病気が治ってしまうような気分になったものです。

看護のお仕事【登録前に】確認したい3つのこと

そんな素敵な人に私もなりたいと考えるようになったのはこの時です。人生には色々な出会いがあり、目指している目標も変わっていくものです。そんな私は小さいころに憧れていた看護師になる夢もその頃には違う夢に向かって走り出していたのです。

そして就職も看護師とは全然関係のない場所でした。10年間自分の好きな仕事をして、毎日楽しい日々を送ってきたのです。その私が看護師求人さいたま市限定で仕事を探すことにしたのはさいたま市に住んでいる私の大好きな祖母が病気になったことがきっかけです。

小さいころに憧れた職業ではありますが、人の命を預かる責任の重い仕事です。安易な考えではできることではありません。覚えなければならないこともたくさんあります。だが愛する人のためだったら人間何でもできるものなのだと思います。大好きな祖母のためと思うとあれだけ大嫌いだった勉強も頑張ることができ試験も合格することができたのです。今は祖母や他の患者さんのために一生懸命働いています。

 

家族の協力を得ながら看護師として働いてます

岡山県で夫と子供2人と猫1匹と一緒に暮らしている40代女性です。2人のやんちゃな小学生男子を育てながら、毎日ナースとして忙しく働いています。小さな個人病院で働いているので、夜勤やわずらわしい人間関係がないのが良いところです。先生は、もうお年ですがしゃっきりしていて人あたりが良い方です。

内科が専門の病院なので、毎日小さなお子様からご高齢の方まで、たくさんの患者様がいらっしゃいます。女性でも手に仕事を持ちたいと思ってめざしたナースですが、簡単なことばかりではなくて、患者様やご家族との接し方に悩んだ時期もありました。ナースの仕事は人と人との距離が近いので、やり場のないストレスが溜まることがあります。でも、周囲の方や家族の励ましや支えもあってこの年まで続けてこられました。本当に感謝しています。

休日は仕事モードから切り替えて、家族のために家事を頑張っています。夫も家事に協力的なので、とても助かっています。もう少し子供たちがお手伝いをしてくれたらなと思うのですが、まだ小学生だから仕方ないかなと思っています。